家にいるときも安心

私はすごく怖がりです。
一軒家は昔から欲しかったので、建てることができてすごくうれしいのですが、夜家で寝ているときに何か不安に襲われることがたびたびあります。

 

外出しているときは、アルソックのホームセキュリティを付けていれば、外から入ってきてもすぐに警備員が駆け付けてくれますし、自分がいないわけなので、何か盗まれたとしても自分自身に危害が及ぶということはありません。

恐い

 

でも、家にいるときは違います。家にいるときに泥棒などが入ってきたときは、自分自身が傷つけられる可能性があるわけです。

 

泥棒側も、私たちに見つからないと思って入ってきたのならば、見つかったことによって何するかわかりません。

 

しかも、そもそもが暴行や殺人目的の可能性もあるわけです…。
っていう不安をマンションに住んでいるころから抱いていました。実際マンションは横にすぐ人が住んでいるのもあって、そんなに怖くはなかったんですけどね。

 

ただ、一軒家となると別物です。大声を出したところで、隣の家の人が聞こえるかどう変わりません。

 

ですので、家にいる在宅中にも警備してもらいたいなーと思っていたのですが、アルソックは在宅警備システムもあるとのことでした。

 

良かった( ̄▽ ̄)

 

アルソック 在宅警備

外出警備システムですと、家にいないうちに窓などが開いたら警備システムが作動しますし、空間センサーで何か動くことによっても警備システムが作動します。

 

では、在宅警備システムがどういうものかというと、空間センサーが感知して作動してはいけませんので、家の周りの窓などが開いたことにより警備システムが作動するというわけです。

 

在宅中に、泥棒や暴行目的の人間が入って来ようとすれば、警備システムが作動して警備員がすぐにやってきてくれるというわけです。

 

しかも、警報ボタンもあるので、警報ボタンを自分で押せば警備員が来てくれます。

 

窓から外を見ていて、怪しい人が外をうろちょろしていたら、その時点で警報ボタンを押して警備員を呼んでも構わないってアルソックの人は言ってくれたぐらいです。

 

このアルソックの在宅警備システムによって、一軒家ですが安心して眠ることができるようになっています。
アルソック感謝です('ω')ノ